【ショートボブ】襟足スッキリで耳かけが出来る短めスタイル

僕が担当させて頂いているお客様は、ミディアム~ロングの方が多いのですが、ショートスタイルやボブスタイルのお客様もいらっしゃいます!

ロングやミディアムは髪のキレイさが大事なポイントなんですが、ショートスタイルの場合は顔の形やシルエットの似合わせが大事なポイントになります。

今回カットのBeforeとAfterを撮りましたので、見比べてみて下さい!

 

 

カット前のシルエット

前回カットしてから期間が空いているので、結構伸びて全体的にもさっとした状態。

まだまだこのままでも、ブローをしたりスタイリングを行えば形にはなりますが、その場合でも前髪は重くて扱いにくくなってます。

 

 

カット後のシルエット

襟足はスッキリとタイトに収まるように、ボリュームは後ろから前にかけてグラデーションカットをし、奥行が出るように整えています。

トップにはもともとレイヤーカットで短くなっている髪があったのですが、それを切ってしまうとよりタイトにボーイッシュさが強調されてしまうので、トップの長さはそのままに柔らかく丸みのあるシルエットに作っていきました。

前髪は、長めでちょっと目にかかるくらいがモデルさんの好みだったので、程よく整え重さをとり少し透けるくらいの量加減に調節しています。

 

 

マニッシュなショートボブ

ショートボブの場合は、トップにレイヤーカットをすればするほど、重さを取れば取るほど、シルエットはタイトなメンズライクな形になっていくので、その加減を調節することによってシルエットを考えていきます。

シルエットのイメージはひし形に作っていくこと。

全てが当てはまるわけではありませんが、基本的にバランスを取りやすいのがこの形です。

目の上あたりに髪のボリュームを持ってきてあげると、アゴラインにかけてスーッと入っていくので、アゴをスラっと見せやすい効果もあります。

それに首を長く見せる効果もありますね。

 

 

ショートスタイルはその人の個性が良く表現される


アゴ下の長さの髪型などの時は、顔の形を髪でカバーしてしまうのですが、ショートスタイルの時はそうも言ってられません。

顔の表情が前面に押し出されるので、その人の個性が一番分かりやすいですね。

その分、自分の表情だったり、メイクの仕方だったり、いろんなことを意識することによって、自然とショートスタイルが馴染んで来たりもします。

 

ショートスタイルにするのは抵抗がある方の方が多いですが、やってみるとやってみたで似合うんですよね。

雰囲気なんかは変わるので、ファッションとの兼ね合いとかちょっと考えないといけない事もあるとは思いますが・・・

 

気になったら是非チャレンジしてみて下さい!

最新情報をチェックしよう!