美容室でトリートメントをしても髪が良くならないのは何故か?

毎日家でしっかりトリートメントしているのに・・・

美容室でも毎回トリートメントしているのに・・・

何故か髪が良くならない」と悩んでいる方に向けて書きます。

%e7%be%8e%e5%ae%b9%e5%ae%a4%e3%81%a7%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%82%e9%ab%aa%e3%81%8c%e8%89%af%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%aa

 

 

トリートメントでは髪は生き返りません!

ちなみに僕は、美容室でのトリートメントはしっかりやった方が良いと考えているので、大体のお客様はサロンのシステムトリートメントをされています。

だけど、どれだけしっかりやっても髪が良くなることはありませんよ。

という言い方はしっくりこなくて、実際には、手触りや保湿力の効果は良くなっているんで、良くなってる事は良くなっているんですよ。

きっと、良くなるって曖昧な表現が微妙なんでしょう。

言い方を変えるなら、髪は生き返らないというのが正しいかな。

 

トリートメントの効果をあまり感じない方は、求めているモノが大き過ぎるのかもしれません。

サロントリートメントやホームケアのトリートメントをいくら頑張ろうが、髪が元の状態まで甦ることはありません。

一度ダメージを受けてしまって、傷んでしまった髪は元の状態まで戻すことは出来ません。

サロンでのシステムトリートメントは、傷んでしまった髪の補修をしているに過ぎません。

補修は手入れを常にしてあげて、コンディションよく保たないといずれは無くなってしまいます。

 

 

ヘアケアを歯医者に例えてみると?

例えば、髪を歯に置き換えて考えてみます。

 

歯が虫歯になったので歯医者に行って、虫歯の治療を受けました。

先生は虫歯が進行しないように、悪いところを削って虫歯が広がらないようにし、出来てしまった穴にはプラスティックを詰めてくれました。

 

虫歯は治ったけど、歯は元通りに治りました?

虫歯を削ったところにプラスティックを詰めたんです。

歯は良くなりましたか?

 

先生に歯磨きはちゃんとしてあげてね!

と言われてたけど、結構さぼっちゃってまた虫歯が出来ちゃった・・・

 

虫歯を治した後、何もせずほったらかしておくとまた虫歯出来ちゃいますよね。

治療したから完璧ではなくて、日々の歯磨きも大事だという事です。

 

はっ!

と気づく方いらっしゃいました?

トリートメントは髪の治療です。

トリートメントは、補修は出来るけれど、髪を生き返らす事は出来ないんです。

スカスカになってしまった髪の内部に保湿力を高めてあげたり、引っ掛かりが出やすくなってしまったキューティクルを綺麗に整えて指通り良くしてあげたり、日々の生活の乾燥から髪を守ってくれたり。

様々な役目を果たすのが、サロントリートメントです。

だけど、髪を生き返らす事は出来ません。

 

皮膚などの血液が通っている細胞は、新陳代謝によって新しい細胞へと生まれ変わっていきますが、髪や歯や爪などは、血液が通っていないため一度受けたダメージは回復することはありません。

虫歯を治療した後、歯が元通りに生き返ったなんて話は聞いた事がないでしょう?

実は肌よりも髪の方が繊細なんですよ!

 

 

傷んでからのケアではなく、傷ませないケアを!

髪が傷んだから美容室にトリートメントに行くのは大間違い、その時点でもうすでに髪のダメージは決まってます。

大切なのは、髪がダメージを受けないように日々のケアを行うこと、そして美容室に行ったときはサロントリートメントでしっかりとケアをしてあげる事。

髪が傷んでからのトリートメントではなく、髪を傷ませないためのトリートメントです。

 

サロントリートメントで出来ることは、ダメージを受けてしまった髪の補修をしっかりと出来ることで、髪をもとの状態まで生き返らす事は出来ません。

 

今以上に髪がダメージを受けにくいように、

日々の生活で髪が扱いやすいように、

髪のパサつきが抑えられ他人から見られる印象がもっと良くなるように。

 

このように髪のコンディションを整えてあげることは可能です。

 

今、自分の髪が傷んでいると感じている方は、今以上に髪がダメージを受けないように、

まだ自分の髪は傷んでいないと感じている方は、今後ダメージを受けないように、

意識して毎日を過ごすだけでも、髪の発するシグナルに素早く気づけるようになりますよ。

 

 

美容室でのカラーやパーマは髪にどうしても負担のかかるメニューですが、極力髪にダメージが残らないように施術しています。(ダメージの無いアルカリカラーやパーマはありません)

だけど、それだけではダメで、日々の生活での髪への負担も出来るだけ抑えてあげる必要があります。

毎日少し乾燥気味だった髪が気が付いたらバシバシになっていたという人も多いと思いますが、毎日のちょっとしたダメージの積み重ねが最終的に大きなダメージとなって現れます。

髪は再生しませんからね、受けたダメージはそのまま蓄積されるというわけです。

 

 

まとめ

今回のブログ内容をまとめると、

・トリートメントは髪を再生することは出来ないが、治療することは出来る

・髪が傷んでしまってからケアするのは手遅れ

・髪を傷ませないヘアケア方法が大切

 

髪はとても繊細ですよ!

後悔する前に早めのヘアケアをしてあげてください!

 

 

おススメの関連記事はこちら。

髪がダメージを受けることは、肌がダメージを受ける事より深刻

 

1日に数回洗い流さないトリートメントを使うのをお勧めするワケ

 

髪が乾燥する事によって起こる6つの悲劇&髪を乾燥から守る3つの対処法

最新情報をチェックしよう!