レイヤーカットってどんなスタイル?【美容師のQ&A】

こんにちは!

レイヤーカット大好きU-REALM銀座店のがっきーです。

ボブとかショートも好きなんですが、レイヤーカットが一番楽しいです。

今回は、レイヤーカットってどんなカットなのか、簡単に紹介していきますね!

 

【Q】レイヤーってどういうシルエットになるの?どこを切られるの?

 

【A】レイヤーカットとは、毛先が段々に重なるようにカットする方法の事です。

と、文章で言ってもイメージしづらくて分からないですよね。

レイヤーカットをするとこんな感じの仕上がりになります。

 

分かりますか?

 

 

レイヤーが入ると毛先が同じ場所でそろわず、動きやすくなり軽いイメージになります。

↓これもレイヤーカット。

 

↓これもレイヤーカット。

 

↓これは殆どレイヤー入ってない。

 

何となくわかった方もいらっしゃるでしょうか。

毛先が同じ位置に揃わないカット。

それがレイヤーカットなんですねー。

 

そんなのハネちゃうやん!

って言葉が聞こえてきそうですが、それは次で説明します。

 

レイヤーカットをする時、しない時

どういう時にレイヤーカットをして、どういう時にレイヤーカットをしないのか?

・軽さが欲しいとき。

・動きが欲しいとき。

・すきたくないけど、軽く見せたいとき。

・シルエットをスマートにしたいとき。

 

様々な効果があるので、うまく使い分けが必要です。

美容師さんの考え方とお客様の希望によって、使う場面は変わってきます。

 

そしてレイヤーカットは、ハネます

パッツン切りっぱなしカットに比べると、レイヤーカットはハネやすくなります。

なので、ある程度の髪の扱いが出来ないと、ただのハネやすいカットになってしまいます。

だから、ほとんど家で髪をスタイリングしない人とかにレイヤーを入れると、美容室の仕上がりはキレイで良くても、家に帰ってからの毎日は髪がハネているとか嫌ですよね。

そうならない為にも髪の扱いを覚える、もしくはレイヤーを入れずにまとまりやすいカットでハネ無いようにする。

そういったところも、お客様との会話の中でくみ取ってカットの微調節を行っていきます。

 

レイヤーに挑戦してみたけど、次回来店の時にやっぱり無い方が良かったってお客様もいらっしゃいます。

まぁ、それはそれでチャレンジしたことはとても大切なので、また機会があったら挑戦しますか!という感じになります。

 

レイヤーの入れ方、切り方

レイヤーの入れ方と言うか、レイヤーの基準と言うのがありまして。

上の髪より下の髪の方が長い(もしくは同じ長さ)

これは、どんなレイヤースタイルでも同じです。

下の髪の長さよりも上の髪の長さが短ければレイヤーカットになります。

 

頭の全体的にレイヤーを入れる事もあれば、顔周りだけにレイヤーを入れる事もあります。

それぞれで、仕上がりの雰囲気が違いますし、シルエットも変わってきます。

 

セルフカットでレイヤーカットをする人はそうはいないとは思いますが、切られる所は↓の写真の感じです。

顔周りの髪の毛、サイドの髪の毛、トップの髪の毛が特に短くなります。

なので、レイヤーカットしてからまたワンレンパッツン状態に戻したいなら、少し時間をかけて戻していくことになります。

 

 

髪の長さによって違うレイヤーカット

レイヤーカットは髪の長さによって雰囲気が大分変ってきます。

メンズショートスタイルなどでは、ほぼレイヤーを入れる事が多いですね。

女性のショートスタイルでは、レイヤーを入れすぎるとメンズライクになってしまうので、程々にすることが多いです。

 

ショートのレイヤーカット

パーマスタイルのグラデーションボブで【柔らかい雰囲気とふんわり質感♡♡】

↑のショートスタイルはレイヤーが程々に入っています。

トップの髪が動きやすくボリュームが上の方に出る感じですね。

 

ワンカールのクラシカルグラデーションボブ【シルエットがバランスよく見える髪型】

↑のボブスタイルは、レイヤーは入っていません。

ボリュームの出方が下の方になってますね。

 

レイヤーを入れる、入れないで同じ長さのショートスタイルでも雰囲気やシルエットが大きく変わってきますので、お客様のなりたいヘアスタイルと雰囲気を感じ取って提案していきます。

 

ロングのレイヤースタイル

↑のロングスタイルには、レイヤーがしっかり入っています。

顔周りの髪にしっかりと動きが出て、全体的に軽いイメージが分かりますね。

 

寒い日にはふわふわウェーブシルエットで決まりでしょ!!?

↑のロングスタイルは、レイヤーがほとんど入っていません。

巻いていあるので少しわかりにくいですが、毛先の方に髪の重さがたまる感じで、Aラインシルエットと呼ばれているスタイルです。

 

ロングのスタイルでもレイヤーが入っているか、入っていないかで雰囲気が大きく変わってくるのが分かりますね。

 

 

レイヤーカットの特徴とは?

・軽く見せれる

・大人っぽく見せれる

・スマートに見せれる

・切り方によってバランスよく見せれる

・巻いた時にフワッとした雰囲気に出来る

・柔らかい質感にしやすい

 

などなど特徴がありますが、最終的には何でもバランスが大事になりますね。

レイヤー入れすぎても古臭くなってしまうし、入れなさ過ぎても野暮ったいイメージになりやすい。

丁度良くレイヤーを使って、可愛く、綺麗になりましょう!!

最新情報をチェックしよう!