重たく見えない【フェザーボブ】で4月はイメージを変えよう!

新生活が始まる季節になりましたね。

春は新しいことに挑んだり、変化をつけたりする季節でもあります。

今年は特にバッサリ切られるお客様も多いように感じますが、そういう年なんでしょうか?

 

 

柔らかく羽のように軽く見えるフェザーボブ

アゴラインのシルエットボブにグラデーションをほんの少しつけてふわっと柔らかい動きを出します。

ボブ特有の丸い柔らかさは崩さないように、空気感が出やすいようにバランスよくハサミを入れます。

 

フェザーボブの特徴を生かすための乾かし方

ただ何となく乾かしただけでは、フェザーボブの特徴は生かせません。

乾かすときに、トップにボリュームが出るように、全体的に地肌からしっかりと髪が立ち上がっているように意識して乾かしてあげます。

その乾かし方をするだけで、何もせずに乾かしたときと比べると、ふわっと加減も柔らかさも全く違ってきますよ。

最初は面倒くさいかもしれませんが、乾かし方が習慣になってしまえば無意識のうちに、ふわっとボリュームがでる乾かし方が出来るようになります。

乾かし方は、サロンでもしっかりお伝えしています。

いつもさせて頂いてる方なら、僕がしつこく言ってるのはよく分かってらっしゃるとは思いますが(笑)

 

丸顔さん、面長さんに特におススメのアゴラインの長さ

ボブスタイルでも長さによってシルエットが変わるので、それによってどんな顔の形の人に向いているのか変わってきます。

アゴのラインで切るグラデーションボブは、気になるラインをすっきりと見せてくれて、引き締める効果があります。

意外と丸顔さんは、ショートやボブに抵抗を持ってる方が多いような気もするのですが、案外切ってみると長い時よりも顔がすっきりとして小顔に見える人が多いですよ。

 

大事なのは、見える顔の肌の量と髪の量のバランスですね。

顔を髪で隠し過ぎると、肌の見える量が少なくなって一見小顔に見えますが、髪の量が多く感じるようになるので結果的に頭が大きく見えやすくなります。

逆に、髪の量が少なすぎると内側の顔の部分が膨張して見えるので、余計に顔が大きくなってしまいますね。

その辺を考慮しながら、いつもショートやボブのヘアスタイルを切っています。

 

最新情報をチェックしよう!