美容室で自分のやりたい髪型を上手く美容師さんに伝えられない人はどうしたらいい?【美容師のQ&A】

美容室で自分のやりたい髪型を上手く美容師さんに伝えられない人はどうしたらいい?【美容師のQ&A】

 

あ・・・え・・・っと、ん・・っと・・雰囲気も・・・・・・お任せします。。。

 

【Q】美容師さんに自分の考えているイメージの髪型を言葉で上手く伝えるのが苦手な人はどうしたらいい?

 

【A】一番いいのはしたい髪型が載っているヘアカタログの切り抜きや、WEBで見つけた画像を見せると伝わりやすい。それと今までしてきた髪型で嫌だった髪型や上手く扱えなかった部分などを伝えると良い。

初めて行く美容室であいまいな伝え方だと、美容師さんと自分のイメージが合ってなくて、気に入った髪型にならない可能性もあります。

今までした髪型で似合わなかった髪型、嫌だった髪型、扱いづらかった髪型とかも伝えるとちゃんと考慮して髪型を考えてくれますよ。

 

美容師さんもお客様の言ってる事を鵜呑みにしない

やりたい髪型の切り抜きや画像を見せられて、はい分かりましたってそのまんまの髪型にしてホントに良かったの?

ほとんどのお客様は美容師みたいにイメージを上手く伝えられません。

髪型の切り抜きを見てそのシルエットが良かったのか?雰囲気が良かったのか?一部分だけを見てそこが好きだったのか?

その髪型にしたとしても、髪の色が違えば雰囲気は全く違ってきます。

気に入らなかった髪型を伝えてもらった場合も、ホントにその髪型が似合わなかったのか?毛量加減、レイヤーの入れ加減で全く違った感じになるかも?

しっかりとお客様の状態を見てあげて、ちゃんと説明してあげればもう一度チャレンジする事だって出来ます。

 

いかにお客様からなりたい髪型のキーワードをどれだけ引き出せるか?

お客様とのイメージの共有はとても大事です。

カウンセリングではリラックスした空気で少しでも話しやすい環境を作って沢山の髪の話をしましょう。

イメージが共有できるかどうかは、美容師さんのカウンセリング力が重要になってきますね。

 

お客様は髪型の切り抜きと嫌だった上手くいかなかった髪型を伝えれば、後は美容師さんが貴女の会話から重要なキーワードを拾ってきて形にしてくれます。

 

ちなみにガッキーは、「この髪型(ヘアアスタイルやカラー)は私に似合いますか?」って質問が大好きです(笑)

最新情報をチェックしよう!