暗髪にするならこれ!1ヵ月~2ヵ月で明るくなるカラー

カラーって明るくするときだけじゃなく、暗くするときもとても大事!

セルフカラーで暗くしちゃう人も多いけど、後々後悔することになることも多々あります。

暗くするときも美容室で染めるのがベストです。

 

 

黒染めのはやめて!後に残りにくい暗髪カラーを!

20160626_205326 

写真は実際にお客様に染めさせて頂いた時の髪色です。

真っ暗までは染めないお薬設定で染めて、6トーンくらいの明るさに落ち着いています。

自然に暗く見える髪色で、ナチュラルな仕上がりです。

 

暗髪にするならこれ!1ヵ月~2ヵ月で明るくなるカラー01

 

このカラーだと、元々のアンダーカラーや髪の扱い方によっての若干の前後はありますが、色持ちは1ヵ月~2ヵ月くらいになります。

就活や転職活動、実習などで暗くしないといけないときには、ちょうど良い期間じゃないでしょうか?

後々、髪を明るくしたい時なんかは、どす黒い光を吸い込むような暗さが残りにくく、明るくしたいときにもすんなり明るくしやすい髪色です。

 

 

市販の黒染めのカラー剤を使った時の恐ろしさ

明るくしてキレイな色の髪色にするのは、大変そうだから美容室に行くけど、黒髪にするくらいなら自分でも市販のカラー剤を使って出来るよね?

ブリーチをしてめちゃ明るくなった髪でも、黒染めで地毛の髪色に戻したらリセットされるよね?

なんて考えてる方もいらっしゃるかとは思いますが、お客様にそういう相談を受けたら全力で止めますよ!

 

市販の黒染めでしっかりと黒に染めた場合、デメリットが盛りだくさんで美容師としては次に明るくしたいときに泣きたいくらいのハードルがあるんです。

 

赤味が強く残り、どんだけ明るくしても取り切れない。

髪の芯まで赤味が染まり、たとえブリーチを何回使っても落としきれず、地毛の黄色味と黒染めの赤味の染料が混ざり、オレンジ味が強く残ってしまいます。

髪全体がその場合はハイトーンのクオリティの高いヘアカラーは、オレンジが混ざりキレイに見えにくくなります。

一部分だけ黒染めが強く染まってしまった場合は、その部分だけ他と色の違いが表れムラになって見えやすくなります。

明るくするカラーをしなくても、日常生活による退色で色が落ちてきたとき、濁った赤っぽい髪色になっていきます。

 

市販品はパワーが強いので、髪のダメージが強い。

市販品のカラー剤は、どんな髪質の人でもしっかりと染まるように作られています。

この色になりますよって、うたっておいて染まらなかったらメーカーへのクレームが多くなります。

染まってさえいれば文句は言われないので、髪のダメージを気にすることは無く、しっかりと染まってくれるハイパワーなカラー剤を作ります。

特に泡タイプのカラー剤は、浸透力が高く、よく染まるんですがそれとは引き換えに髪へのダメージを手に入れる事となります。

一度髪が受けたダメージは、治ることは無いので要注意です。

 

地毛の黒髪の場所に黒染めを使って黒に染めた場合色素が強く残ってしまう。

これも後で明るく出来る限界まで染めた場合、ムラとなって髪に現れます。

根元が2cm伸びた状態で全体的に黒染めをした場合で、2か月後に黒染め落としをした場合。

根元から2cmのところにだけ、黒い輪っかのような形でムラが残る可能性があります。

 

黒染めしても髪の状態はリセットされない。

一見地毛の黒髪に見える場合でも、髪の毛はダメージを受けたままで次回以降のカラーに影響したり、髪のパサつきやゴワつきを感じるようになってしまいます。

 

 

暗髪にするならこれ!1ヵ月~2ヵ月で明るくなるカラー03

暗髪にするならこれ!1ヵ月~2ヵ月で明るくなるカラー02

暗髪カラーの特徴

髪質やダメージ状況によって前後しますが、1ヵ月~2ヵ月で落ちます。

髪質によっては、すこしブラウン系統の色が少し髪に残ります。

あくまで暗髪のカラーなので、真っ黒には出来ません。

 

黒染めやトーンダウンしたい時なんかは、市販品を使うのを我慢して美容室に相談いただけたらと思います!!

 

 

最新情報をチェックしよう!