夏の頭皮の紫外線対策って必要ですか?【美容師のQ&A】

毎年夏になるとお客様の多くの方が頭皮を日焼けした状態でご来店されます。

意外と皆さん頭皮の日焼け対策には意識が薄い方が多いので、サロンワークでは頭皮が日焼けする事によってどういった影響が出てくるのか、お客様に説明をさせて頂いています。

今回の記事では、頭皮が日焼けすることによって起こる問題などを紹介したいと思います。

 

 

過去にも紫外線に関する記事を書いているのでチェックしてみて下さい。

知ってる?飲む紫外線対策・日焼け対策が出来る【ノーブ】【ヘリオケア】とは?

海やプールの後のパサパサゴワゴワ!ヘアケア方法と対処法【美容師のQ&A】

 

【Q】夏に頭皮が日焼けしないように紫外線対策するのは大切ですか?

 

【A】大切なのですぐに対策してください!

絶対にしっかりと対策をした方が良いですね。

 

いつもお客様の頭皮の日焼けを真上から見て、辛い気持ちになってしまいます・・・

顔や体の日焼け止めはしっかりされているんですが、頭皮ばかりはどうしても意識が薄くなってしまいがちです。

そのせいか、ベージュっぽく焼けてしまっている方や、松崎しげる並みに(言い過ぎ)焼けてしまっている方もいらっしゃいます。

本来の健康な頭皮は、青白くて透明感のある状態です。

健康な頭皮をキープするために、日焼けによって起こりうる問題はしっかりと覚えておきましょう!

 

顔よりも頭皮の方が焼けやすい

当たり前なんですが、頭の方が太陽に対して顔より日光にさらされる面積が大きいので、紫外線を良く浴びて日焼けしやすい状態にあります。

通勤など少しの時間だけ太陽を浴びる時があったとしても、頭皮の方が特に焼けやすいという事ですね。

 

日焼けしている部分の髪の量が少なくなる

だいたい日焼けしている方は、分け目がパカッと分かれている場合が多いですが、その部分だけ薄くなっている場合が多いです。

日焼けするとすぐに薄くなったりはしませんが、毎年の日焼けの繰り返して頭皮の毛根にも紫外線によるダメージが蓄積していきます。

そうなると、毛根から生えてくる髪の本数が減ったり、髪の毛1本1本の太さが細くなったりして、トップの方の髪の密度が少なくなる可能性があります。

 

頭皮がたるみやすくなり、顔のしわが出来やすくなる

この症状もすぐには出てくるわけではないですが、長年少しづつ頭皮が紫外線の影響を受けていくと、頭皮にもたるみが出てきやすくなります。

顔や肌も一緒なんですが、紫外線を浴び続けると皮膚の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンを劣化させたり、活性酸素を作りだし細胞の劣化を早めます。

弾力が無くなりたるんできた頭皮は、重力に引っ張られ顔の方に皮膚が垂れてきます。

そうすると顔のしわやたるみに繋がってきます。

 

頭皮の皮がむけるとフケっぽく見られてしまう

皮むけするほど日焼けが進むと、ボロボロと剥がれた皮膚がフケっぽくなります。

人からフケがついてると思われるのは嫌ですよね。

 

日焼けした状態だとカラーやパーマがしみる

日焼けした状態だと頭皮のバリア機能は薄れてしまっているので、カラーなどの薬剤でしみる可能性があります。

こちらでも、カラー前に頭皮が敏感な状態であると判断した場合は頭皮の保護スプレーなどで対処しますが、心配な方は早めに申して頂けると適切に対処させて頂きます。

 

日焼けしないようにするための対策

帽子や日傘で頭に直接紫外線が降り注がないように対策する。

夏に帽子は暑かったりするので難しいとは思いますが、頭皮の為と髪の事も考えると日傘は使ってほしい所ですね。

他には日焼け止めも大切ですが、頭皮には日焼け止めを塗りにくいので、最近では飲む日焼け止めと言う商品もあります。

 

知ってる?飲む紫外線対策・日焼け対策が出来る【ノーブ】【ヘリオケア】とは?

 

以前にも紹介した飲む日焼け止めですが、その時は輸入物のヘリオケアしかなかったのですが、日本向けで新しい商品が発売していました。

 

 

体には悪い影響は無いそうなので安心して使えるのかと思います。

 

気を付けていれば変わることもあるし、気づかなければ知らないうちに頭皮の状況が悪化してしまう事もあります。

この夏は少し頭皮の日焼けにも意識を向けてあげて生活してみて下さいね。

美容室でのケアには、ヘッドスパがおススメです。

 

最新情報をチェックしよう!