ベビーオイルでウェットヘアスタイリング【保湿ケアも出来て束感も出せる】

こんにちは!

谷垣良和です!

今日は、普段使いも簡単に出来てなおかつ何も使わないより、髪に保湿力を与えてくれる万能アイテム。

「ベビーオイル」を紹介します!

 

ヘアスタイリングとヘアケアに使える「ベビーオイル」

ベビーオイルがヘアスタイリングに使える!?

聞いてびっくりする方もいらっしゃるかもですが、スタイリング剤として使っても全く問題ありません。

もともと、赤ちゃんの肌に使っても大丈夫なほど刺激が少ないものなので、髪に使ってあげても何も問題ありません。

 

 

スタイリング剤として、「ベビーオイル」を使う理由は、2つになります。

・ウェットな濡れたツヤ感と質感を表現したい。

・パサつきを抑えて、程よくまとまった束感を表現したい。

 

ウェットな質感で、ファッションに合わせてみたかったり、毛先の動きを束感で表現してみたかったり・・・

そんな時は、保湿も出来てスタイリングも出来るベビーオイルを試してみて下さい!

 

 

ウェットな質感とはどんな感じか?

じゃあウェットな質感ってどんな感じかと言いますとこんな感じです。

 

髪のツヤ感がしっかりと表現できてますね。

こんな感じでワックスを使う必要が無く、髪への負担もなく使える優秀なアイテムです。

束感を出すことも出来るので、コテで巻いた後に束感を出してスタイリングをしたりなどにも使えます。

べたつかずサラッとしているので、手に余ったベビーオイルは手や腕などに使ってもOKですね。

 

使い方はとても簡単です。

1、髪をブローする or コテでカールを付ける

2、一度髪全体をほぐし、若干のパサつきを感じるくらいまでほぐして空気を入れる

3、ベビーオイルを10円玉の大きさくらいに手のひらに出し、左右の手のひらどうしで全体に広げる。

4、髪の中間から毛先にかけて、手のひらに伸ばしたベビーオイルを髪に馴染ませていく。

 

さらっとしているオイルなので、べたつくのがイヤ!なんて方にもおススメですね。

 

 

パサつきを抑えて保湿にも使える!

ベビーオイルはヘアケアアイテムとしても使えます。

ヘアケアって聞いてどういう事を思い浮かべるでしょうか?

お風呂でするインバストリートメント

乾かす前につけるアウトバストリートメント

美容室でするシステムトリートメント

 

ベビーオイルは、この中でいうとアウトバストリートメントの効果に近いですね。

髪の乾燥を防ぎ、保湿力を与える効果が目的です。

 

髪は、何もしなくてただ過ごしているだけでも、水分がどんどん失われていきます。

何もつけないのは問題外で、洗い流さないトリートメントなどで必ず保護が必要です。

ベビーオイルは、保湿効果を与えてくれて髪から水分がなくなって乾燥していくことを防いでくれます。

髪に何も付けない事の方が多い方は、ベビーオイルだけでもつけておくことで髪の健康状態は変わってきます。

 

 

 

ベビーオイルを使う上での注意点

万能なアイテムなんですがそれを上手く活かすにはコツも必要です。

デメリットも把握しておくとさらに上手くベビーオイルを使えますよ。

・オイルなので付け過ぎはベタベタになる

・スタイリングで使う時は、根本の方には使わない

・カールをキープする力はないので、1日持たせたい場合はスプレーなども併用する

・出来る事は保湿する事なので、ベビーオイルをつける前に程よく水分を足しておく

・髪を補修することは出来ません

・その日1日の乾燥からのダメージを防げます

 

使い過ぎには、注意ですね。

絶対に重たくなり過ぎちゃいますので!

 

 

まとめ

優秀なベビーオイル。

髪に使う以外にも、スキンケア・ハンドケア・リップケア・メイククレンジングなどにも使えます。

万能な割に価格も手ごろで手に入れやすい。

乾燥が気になる冬~春にかけては、特に髪がパサつく方も多いので、ベビーオイルスタイリングの効果が高いかも。

気になった方は、是非試してみて下さい☆

 

最新情報をチェックしよう!