NO IMAGE

トリートメントの知識も一緒に覚えて自分に合ったトリートメント選びに役立てよう!!

 
シャンプー剤の知識を覚えて自分に合ったシャンプーを選ぼう!!

 

次はトリートメントの事も覚えてみましょう!

 

トリートメント、リンス、コンディショナーの違い

リンスは、毛髪表面の保護、帯電防止の目的で髪の内部補修は行いません。

コンディショナーは、リンスに+αの効果を持たせた様なものでこちらも補修はほぼ行いません。

トリートメントは、内部補修、毛髪表面の保護、帯電防止などの効果があります。

基本的に、トリートメントをしておけばリンスやコンディショナーは必要ありません。

リンスやコンディショナーはパッケージの裏側の表記に「時間をおかずに流せる」と言う感じで記されていたり、

トリートメントの場合は、「時間をおいて下さい」言う感じで記されている事で判断できると思います。

 

トリートメントの目的

  • 毛髪表面を薄い油の膜で覆い保護する。
  • 指通やクシ通りを良くし、髪全体をなめらかにまとまる様にする。
  • 帯電防止効果で静電気を抑える。
  • 毛髪保護タンパク質、油分、アミノ酸、などを毛髪内部に補いダメージをケアする。

 

トリートメントに含まれている構成成分

  • カオチン界面活性剤
毛髪を柔らかくしっとりさせる、静電気防止作用
  • コンディショニング成分
しっとりなめらかにする、艶を出す、毛髪保護効果
  • 油剤
油分補給、粘度効果
  • 毛髪保護剤

 

  • 湿潤剤

 

  • 防腐剤
腐敗防止、製品の安定化
  • 香料
製品の特徴付け
  • その他
紫外線吸収剤、pH調節剤、清涼剤、酸化防止剤、金属封鎖剤etc...

 

トリートメント剤の成分(界面活性剤)

界面活性剤は以下の4種類に分類されます。

  • アニオン界面活性剤(陰イオン系界面活性剤)
泡立ちが良く、洗浄力に優れる
  • カチオン界面活性剤(陽イオン系界面活性剤)
毛髪表面を整えて、滑らかにする
  • 両性界面活性剤
洗浄力や泡立ちはアニオン界面活性剤に比べて弱い刺激が少なく髪や肌に優しい
  • ノニオン界面活性剤(非イオン性界面活性剤)
油と水をなじませる作用(乳化)

 

トリートメント剤にはコンディショニング成分にカチオン界面活性剤、

乳化剤にノニオン界面活性剤が使われます。

 

カチオン界面活性剤の性質

カチオン界面活性剤はシャンプー剤に使われるアニオン界面活性剤とは正反対で、

毛髪と油分を馴染み易くさせ、毛髪全体を油分が薄い膜で覆われたようになります。

水分の保持力が強くなる為、静電気防止作用があります。

これらの作用の結果、毛髪を柔らかくしっとりさせる効果があります。

 

トリートメント剤に使われる主なカチオン界面活性剤

  • ステアルトリモニウムブロミド
  • セトリモニウムブロミド
  • ステアルトリモニウムクロリド
  • セトリモニウムクロリド

トリートメント剤の成分(コンディショニング成分)

コンディショニング成分の主な役割は、髪のきしみをなくす、まとまりを良くする、サラサラにする、保護する、などです。

シリコンやポリマー、油分などもこの内に含まれます。

 

主なコンディショニング成分

油性成分

油性成分を補い、しっとりとなめらかにするエモリエント効果。艶を出す。

  • オリーブ油・ホホバ油・アボガド油・ツバキ油
植物の種子などから取れる天然の油分。
  • スクワラン
深海鮫の肝油中に含まれるオイル。
  • ミリスチン酸イソプロピル
異なった2つのオイルからつくられる成分(脂肪酸の低級アルコールエステル)。
  • イソステアリルアルコール・オレイルアルコール・トリオクタノイン
液状の高級アルコール
  • etc…

 

脂質成分

脂質成分(毛髪CMC成分)を補い、保湿性を高めるエモリエント効果。

  • 卵黄油
卵黄からとられる脂肪油。
  • ラノリン
羊毛の表面にある天然の脂質。
  • ダイズステロール
植物中に存在するフィトステロールという成分から作られる。
  • コレステロール
動物性の組織から精製される。
  • セラミド3
細胞間脂質の主成分セラミドと同じ構造を持つ成分。
  • etc…

 

シリコン

髪にすべり感、滑らかさを与える。毛髪保護効果。
保護効果はありますが、補修効果はありません。

  • ジメチコン
シリコーンオイル。
  • アモジメチコン
変性シリコーン。
  • ジメチコノール
変性シリコーン。
  • シクロメチコン
環状シリコン。
  • etc…

 

高分子ポリマー

毛髪、皮膚に被膜を作り保護する。保湿効果が高い。

  • ポリクオタニウム(数種類あります)
カチオン性高分子ポリマー。
  • キトサン
甲殻類より得られる成分。

 

トリートメント剤の成分(その他)

  • 油剤
天然油脂・エステル油・高級アルコール・ワックス油分補給、増粘効果。

 

  • 毛髪保護剤、湿潤剤
タンパク質誘導体・多価アルコール・多糖類毛髪保護、補修。

 

  • 防腐剤
パラペン・安息香酸製品の安定化、腐敗防止。

 

  • 香料
香料剤製品の香り付け。

 

  • pH調整剤
リンゴ酸・クエン酸・乳酸・水酸化Na製品のpHを調節する
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!