トリートメントって髪が生き返りますか?【美容師のQ&A】

トリートメントって髪が生き返りますか?【美容師のQ&A】

 

 

【Q】傷んでしまった髪は、美容室のトリートメントや家で使うトリートメントで元の健康な髪に戻りますか?

 

【A】傷んでしまった髪は治りません。傷まないように扱うことが大切ですよ。

 

美容室でのカラーやパーマ、毎日の生活で積み重なる髪へのダメージ。

いつの間にか引っかかりやパサツキが気になり始めて、「そろそろトリートメントした方がいいのかな・・・?

はい!すでに時遅しです!!

トリートメントは、補修は出来ても髪を生き返らせる事は出来ません!

 

トリートメントは、髪にもともとあったタンパク質や髪を組織していた細胞が、ダメージによって流れ出てしまったところに人工的に栄養分を補充したり、ダメージによってキューティクルが損傷した部分をコーティングして擬似的にキューティクルの役目を果たす役割があります。

トリートメントの成分は本来髪にあるべき組織では無いため、どうしても時間の経過や普段の扱い方によって、ダメージを受けて傷ついた髪に戻っていってしまいます。

 

生えてきた髪は血も通わず新陳代謝もせず、再生する機能がないため死んだ状態の細胞の集まりなんです。

毛根で作られ頭皮に出てきた状態が一番健康的でキレイな髪で、その健康な髪の状態をいかに長持ちさせるかが、ヘアケアでとても大切な処置になってきます。

毎日の生活で髪が受けるダメージ(紫外線・乾燥・摩擦・洗髪etc…)、美容室での薬剤によるダメージ(カラー・パーマ・縮毛矯正etc…)、などの蓄積によって髪の内部物質やキューティクルがダメージを受けて髪の状態が悪化していきます。

 

トリートメントが必要かな?

と思う時って髪のパサツキや引っ掛かりを感じた時だと思います。

その時にはすでにダメージは進行し、髪の健康状態は悪化しています。

本来ならばそうなる前にヘアケアをしっかりとして、極力健康な髪を維持することが大切なんですね。

 

トリートメントでヘアケアをしっかりとしていくと、髪の保湿力がアップして潤ったプルンとした触り心地になりますし、キューティクルも綺麗に整って手触りも良くなり引っかかりも無くなります。

一見髪が治ったように感じますが、トリートメントは髪を補修しているだけです。

 

【ここまで理解しておくと、髪に対する意識と考え方が少し変わりますよ】

 

 

 

髪がダメージを受けるとデメリットが沢山

キューティクルがはがれ引っかかる

まとまらずぱさつく

髪が固くなりゴワゴワする

乾燥しすぎて枝毛や切れ毛

毛玉が出来て髪が絡む

まとまりなく髪が膨らむ

くせ毛が強く出てくる

髪の見栄え(容姿)が汚い

タンパク質が少ないので色が染まりにくい

キューティクルがはがれているので色が落ちやすい

色が定着せず黄色くなる

タンパク質が無いのでパーマがかかりにくい

パーマがかかる部分が少ないので落ちやすい

パーマのカールがキレイにでない

トリートメントの効果の持ちが悪い

 

書き出しているとネガティブになってきますね(笑)

 

 

 

髪は「痛さ」を感じないので放置してしまいやすい

 

肌の場合

肌は血液が通い新陳代謝をし、常に新しいキレイな肌にターンオーバーしています。

肌はダメージを受けると「痛さ」を感じます。

これによって私たちに肌がダメージを受けているということを伝えてくれます。

 

肌が乾燥するとつっぱりやカサつきを感じる

さらに乾燥すると、ひび割れかゆみを感じるようになる

さらにひどくなると、出血して痛さを感じるようになる

 

どの段階で肌のケアをしていくかは人それぞれですが、痛みを感じる出血のままほっておく人はいないですよね。

早い段階でケアをしておいた方が、「痛さを感じなくてすむ」と学習して乾燥を感じたら何かしらケアを始める方がほとんどでしょう。

 

 

髪の場合

髪の乾燥を感じたことはありますか?

触るとパサパサ・ゴワゴワ、静電気も起きてふわーっと広がる・・・

そんな時髪に対して何かするべきでしょうか?

 

「気になるけどほったらかし。」

 

って方も多いとは思いますが、乾燥が進行すると髪はどうなるでしょう?

 

乾燥して静電気やパサツキを感じる

キューティクルが傷つき、はがれ引っ掛かりが出る

はがれた隙間から、入浴など髪が濡れている状態の時に内部物質が流れ出やすくなる

髪がもろくなり、切れ毛や枝毛など髪のダメージが増していく

 

どの段階で髪のケアはするでしょう?

髪も肌と一緒でケアは早ければ早いほど理想的ですね。

髪は血液も通って無いし、新陳代謝もしないため、新しい髪を生み出すことが出来ません。

なおかつ「痛さ」も感じないので、ケアする段階が遅れてきます。

 

もし、髪に痛点があって痛みを感じるなら、相当な激痛が襲ってくると思いません?

血が通っているとしたら、大量出血で死にかけてません?

 

ヘアケアも早ければ早いほうが良いに越したことは無いですね。

いつも担当させて頂いているお客様には、しつこいくらい言ってる事ですが・・・

 

髪を触ってパサツキを感じたら、洗い流さないトリートメントをつけてあげて下さい。

洗い流さないトリートメントは、髪を補修するものではなく、髪をダメージから守る商品です。

ハンドクリームやリップクリーム感覚で使って下さい。

 

1日や1週間くらいでは大きな変化はありませんが、1ヶ月2ヶ月~そして1年と習慣として続けられるだけで、髪の状態は驚くほど良くなりますよ。

 

と言う美容師としての僕の持論でした!!

なるほどな~と思ってくれたら、実践してみてください。

髪を大切に扱う方や髪への意識が高まる方が増えると嬉しいです。

 

 

最新情報をチェックしよう!